“テクノロジー×実店舗”の次世代型ショールームになるか。『蔦屋家電+』が2019年4月オープン

column

“テクノロジー×実店舗”の次世代型ショールームになるか。『蔦屋家電+』が2019年4月オープン

Text : 結木 千尋 / Editor : 佐々木将史

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループの株式会社蔦屋家電エンタープライズが、最先端のテクノロジーと融合した次世代型のショールームを『二子玉川 蔦屋家電』内にオープンする。

この『蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)』では、AIカメラのシステムによって消費者の画像と行動パターンを分析。そこから作成したデータに基づき、消費者と創り手の双方に価値を生み出すマーケティングを実現していくそうだ。

日本初、ネット時代のショールーム『蔦屋家電+』の仕組み

蔦屋家電+が提供するのは、プロダクトと本当の意味で触れ合える消費者の「体験」と、創り手と消費者を結ぶ「場所」だ。

店舗内には、最新テクノロジーを駆使した家電製品をはじめ、優れた技術を生かして開発された日用品や食品などのほか、発売前の最新プロダクトも展示される。そこでは蔦屋家電+のスタッフがキュレーターとなって、創り手のプロフィールやプロダクトに込められた思い、デザインのコンセプトなど、ECでは触れにくいリアルな情報を消費者に「体験」してもらう仕組みとなっているようだ。

また蔦屋家電+には、株式会社オプティムが開発するAIカメラの分析システム『OPTiM AI Camera for Retail CE』が導入される。これにより、カメラ画像を解析して、消費者の属性と行動のデータを収集できる。

収集されたカメラ画像と行動データは、0.3秒で別のデータへ変換される。個人情報に紐づくデータは変換と同時に即時破棄することで、消費者のプライバシーを守る仕組みだ。創り手に共有される情報にも、個人を特定するデータは含まれない。


蔦屋家電+では、カメラ画像・行動データの取り扱いについて、入店時に案内を促すという。「知らないうちに自分のデータが収集されていた」とクレームにならないよう、トラブルを未然に防ぐ指針だ。

集めたデータは創り手と共有することで、より良い製品開発や販売戦略へ役立てるなど、データドリブンなマーケティングを実現していく狙いがある。

『二子玉川 蔦屋家電』について


『二子玉川 蔦屋家電』は、従来の書籍に加えて、最先端の技術を駆使した家電からクラシカルなデザインの製品までを幅広く取り揃える。コンセプトは「ライフスタイルを買う家電店」。ECが当たり前の時代だからこそ、商品を体験することや、実際に暮らしをイメージすることを主に据えた店舗だ。

同店には、「コンシェルジュ」と呼ばれる各ジャンルの専門知識や経験を有するプロが常駐している。スタッフと二人三脚で選ぶショッピングも、ECでは体験できない魅力となっている。

株式会社オプティムについて

公式サイトより

株式会社オプティムは、AIやIoT、ビッグデータプラットフォーム開発を行う企業だ。世界の人々に良い影響を与える普遍的なテクノロジーやサービス、ビジネスモデルを創り出すことを目的として事業に取り組んでいる。

蔦屋家電+オープンにあたり、AIカメラの分析システム『OPTiM AI Camera for Retail CE』を提供。このシステムは、マーケティングやセキュリティ、業務効率といった店舗スタッフでは把握しきれない情報をAIによって分析するシステムで、すでに小売や飲食、商業施設などに幅広く導入されている。

蔦屋家電+に期待される、小売の可能性

ECの拡大によって、実店舗の危機が指摘されることも多い昨今の小売業界。蔦屋家電+の姿勢には、店舗の差別化ポイントを作り出そうとする姿勢を見て取れる。実際に最近では、実店舗を求めるEC事業者の事例も目にする機会が増えた。

誰もがネットで、いつでもどこでも手軽に買い物できる時代だからこそ、価値あるリアルな情報を提供し、創り手と消費者を結ぶ「場所」が必要であると確信しています。

そう宣言する蔦屋家電+は、この春、どのような姿を私たちに見せるのか。テクノロジーを活用した未来の小売の可能性が示される。

『蔦屋家電+』店舗情報

店舗名:蔦屋家電+
オープン日(予定):2019年04月
所在地:二子玉川 蔦屋家電内
〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット