リテールAI最前線!福岡のスマートスーパー「トライアル Quick」が叶えた、3つの日本初

column

リテールAI最前線!福岡のスマートスーパー「トライアル Quick」が叶えた、3つの日本初

Text : 江原ニーナ / Editor : 吹原沙也加

2018年12月13日、福岡県に本社を置く株式会社トライアルカンパニーが、テクノロジーを駆使したスーパーマーケット「トライアル Quick 大野城店」をオープンした。これは、株式会社トライアルカンパニー(以下、トライアル)と、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)日本電子決済推進機構の3社の連携により実現に至った。

本記事では、まさに“スマートストア”とも呼べる「トライアル Quick」の先駆的な取り組みを紹介し、それらが小売業界にもたらしうる影響を探る。

image:2018年12月13日にオープンしたトライアル Quickの店舗

「トライアル Quick」3つの日本初

「リテールAI研究会」を発足させ、テクノロジーに力を入れるトライアルと、エレクトロニクス分野を中心に高い技術力を持つパナソニック、そして国内でのキャッシュレス社会実現に向け活動を行う日本電子決済推進機構。

今回タッグを組んだ3社は、“テクノロジーの活用によって、顧客の購買体験をより向上させたい”という方向性が合致したことで提携に至った。それぞれの最新技術や知見を活かして実現したのが、「トライアル Quick」である。同店舗は、3つの日本初のサービス導入に加え、リテールAIによるIoTを実店舗で叶えた例となっている。

1.AI冷蔵ショーケースの実装

パナソニックとの連携の成果が際立つのが、「AI冷蔵ショーケースの実装」だ。今既存の冷蔵ショーケースに、リテールAIソリューションを搭載している。

image:トライアル Quick店内の飲み物売り場。商品棚の上部にある、小型カメラがついている白い機械がリテールAIソリューション


同ソリューションは、パナソニック独自のディープラーニング技術を用いて、ショーケースに内蔵されたカメラの画像を分析し、商品の在庫状況や商品に対する顧客の行動と属性(年齢、性別など)を自動認識する。これにより、従来のPOSデータでは得られなかった「非購買情報」を取得できる。

非購買情報は、売り上げが伸びない商品に対して、そもそも顧客が売り場を通っていないのか、手に取るが棚に戻したのかなど、「売れない理由」を解明する手立てになる。顧客に購買を促す導線を増やす上でも、重要なヒントを与えてくれそうだ。

さらに、得られた売場情報を活用することで、顧客属性に応じた商品のラインアップや、売り場で表示されるサイネージコンテンツを最適化できる。

image:リテールAIソリューションによる商品認識イメージ。商品の裏表や傾きが異なっても認識できている

2. 夜間スタッフの削減

「トライアル Quick 大野城店」は24時間営業だが、22時から5時の間は日本初の夜間無人店舗として営業する。

この時間帯に入店するには、トライアル専用アプリのQRコードと、トライアルプリペイドカードを入り口でかざす必要がある。これまで無人店舗運営で課題とされてきた、未成年の飲酒・喫煙防止のための年齢確認については、当面はスタッフが対応する。その点の解決はできなかったが、基本的には支払いから退店までを顧客自身が行うように仕組みを作っている。

また、夜間無人経営に加え、全てをセルフレジ化することで、人件費の削減を図っている。有人レジを廃止したことで、人件費は約4割を削減できる見込みだ。

3. 銀行口座からチャージ可能なプリペイド

導入している「トライアルプリペイドカード」は、金融機関のキャッシュカードから直接チャージできる。小売店における独自のプリペイドチャージ機としては初の試みで、日本電子決済機構が運営するJ-Debitサービスの活用により実現した。

株式会社さえきなどを中心に、「ハウスプリペイドカード」と呼ばれる、企業が独自に発行する電子マネーを導入するスーパーは現れている。しかしいずれの場合も、チャージの際に現金を介する必要があり、手元に現金がないとチャージできなかった。銀行口座から直接チャージできれば、顧客の利便性は向上するだろう。

image:店舗に設置されているプリペイドチャージ機

全商品に電子プライスカード導入。ダイナミック・プライシングを実現

全国に232店舗(2018年12月16日時点)を展開するトライアルは、同社初の試みとして、全商品へ電子プライスカードを導入した。店内には約12,000枚の電子プライスカードがあり、ネットワーク上の管理システムから価格表示を一括で変更できる。これにより、需要と供給に合わせて価格設定を行うダイナミック・プライシングが可能となった。

ダイナミック・プライシングについては、DooRでも取り上げているように、日本でも一部で導入が始まっている。これまで属人的な判断に任されていた価格戦略に、テクノロジーによるエビデンスを加えることで、さまざまなデータを加味したレベニュー・マネジメントが可能になる。また、価格以外の戦略を打つための余裕を提供する。

日本国内のスーパーがダイナミック・プライシングを導入した例は、現時点では目立っていないものの、電子プライスカードの一般化によって今後増加する可能性はある。世界的に、電子プライスカードの利用は増加している。Retail Intelligence Labによると、電子プライスカード市場の年平均成長率は、2020年までに約14%になると見込まれるほどだ。

image:電子プライスカード

レジ機能も搭載!スマートフォン専用アプリケーション

前述のトライアル専用アプリには、スマホをレジとして使う決済機能も実装されている。混雑時には長い列ができることもあるスーパーだが、待ち時間もストレスもなく決済できる。

さらに、ポイントが貯まるクーポンや、商品と交換できる「お試しクーポン」が配布されるほか、プリペイドカードの残高もアプリから確認できるようになった。

image:トライアル専用アプリケーション


同アプリケーションは、iOS、Androidに対応しており、各アプリストアからダウンロードできる。ダウンロード後は、トライアル店舗のサービスカウンターで発行できるトライアルプリペイドカードの番号を使って利用登録を行う。

レジカート、AIカメラにデジタルサイネージを導入

さらに、レジの待ち時間のない“スマートな購買体験”を実現するもう一つの施策として、タブレット決済機能付きのレジカートを導入した。

一見するとレジカートにタブレットが付いているだけだが、持ち手部分にはバーコードの読み取り機がついている。ここにトライアルプリペイドカードをスキャンしてPINコードを入力すると、ログイン完了だ。

商品のバーコードかざすことで、認識された商品が画面に反映され、キャンセルも画面上で行える。また、トライアルが独自に開発した商品動向分析システムと200台のAIカメラの連動により、店舗内の売り場と連動したクーポン情報やおすすめ商品なども表示される。

また、カート内の情報をもとに、一緒に購入されやすい商品や関連する商品をレコメンド表示する機能もある。買い忘れ防止や、購買意欲を刺激するのに一役買いそうだ。

スマートな購買体験の日常化へ

今回のトライアルの試みから分かるのは、AIを始めとするさまざまなテクノロジーを駆使したスマートな購買体験は、日々実用化に近づいているという事実だ。

トライアル Quickは、JR赤羽駅のAI無人決済コンビニのように期間限定の試験運用ではない。スーパーという、多くの人にとって身近な生活の一部分に、テクノロジーを活用した店舗が登場した一つのマイルストーンとなるだろう。同社は、2019年には福岡や佐賀に同様のスマートストアを10店舗前後オープンし、将来的には全国で年間50店舗を出店する目標を掲げている。

日常の身近な部分こそ、テクノロジーがもたらす利便性の向上は顧客体験に大きな影響を与えうる。スマートストアの日常化がわれわれの生活をどう変えるのか、トライアル Quickの取り組みは、この点においても示唆的な事例となるだろう。