「AI解析CM」から考える小売の未来。ピザハットが“しあわせ”を数値化

column

「AI解析CM」から考える小売の未来。ピザハットが“しあわせ”を数値化

Text : 江原ニーナ / Editor : 佐々木将史

「おいしいは、愛だ。」をスローガンとする日本ピザハット株式会社が、ピザを食べている人の表情を解析し、「しあわせ指数」を数値化したテレビCMを作成した。2018年12月1日より全国で順次オンエアが開始されている。

「ピザ×AI」の異色コラボレーションを遂げた同CMは、主観に依存するため計測が困難であった「感情」の数値化に挑戦。この技術が応用されれば、行動を促す心の動きや、感情を誘発する外部要素をより正確に理解できるようになり、小売の現場における顧客体験を向上させられるかもしれない。

本記事では「おいしさAI解析CM」と銘打ったこの試みの可能性を考察する。

どのように「しあわせ指数」を弾き出すのか

今回の「おいしさAI解析CM」では、株式会社シーエーシー(CAC)が提供する「心Sensor」という表情解析サービスが使われている。元となった技術は、アメリカのAffectiva社が世界約650万人の顔画像データから開発した感情認識AI「Affdex SDK」だ。

同技術は、顔の筋肉の僅かな変化をキャッチし、心の動きをデータ化・分析することができる。心Sensorは、34のフェイスポイントの動きを基に、21種類の表情認識、7種類の感情認識、2種類の特殊指標(①ポジティブ/ネガティブ ②表情の豊かさ)などの分析を行え、画像だけでなく最大2時間までの動画も解析可能だという。

ピザハットは、テレビCM撮影に先立って10代〜60代までの男女20,000人を対象に「人が幸せを感じるのはどんな時なのか?」というアンケート調査を実施。すると、複数の選択肢うち「おいしいものを食べている時」と回答した人が60.9%にのぼり、最多となった。

「おいしい」と「しあわせ」は密接に関わっていることを受け、おいしいものを食べている時の表情を心Sensorで測定し、複数の感情パラメータと組み合わせて「しあわせ指数」という独自の指標を開発するに至ったという。

放送中のCM内で、出演者の表情は90%を超える「しあわせ指数」を記録している。画面横にあるハート形メーターで数値の変化が示されているので、そちらにも注目だ。

小売業を前進させる表情解析技術

人と人とのコミュニケーションにおける顔、表情の認知について研究する金沢工業大学・情報フロンティア学部心理科学科の渡邊伸行准教授・博士(心理学)は、今回のチャレンジに対し、次のようにコメントを寄せている。

CM制作において、表情解析AIを使用した実験と分析を行うことは、素直に面白いと思いました。美味しさの要素を特定するのはなかなか難しいことです。それをAIを使って表情で捉えるというのは、客観的な基準にもなり得ますので、今回の取り組みを見て、アプローチの可能性を感じました。

「おいしさ」や、CM内で使用された「しあわせ」という主観的なものを「表情」から捉える試みには大きな可能性がある。味覚の構成要素から「味」を定量化する試みは存在するが、「おいしさ」「しあわせ」は個人の経験や好みといった標準化しにくいファクターに左右されるものだ。

心Sensorでは「表情」という「目に見えるもの」から、蓄積されたデータを元にして、個人の感情や感覚といった「目に見えないもの」をAIが解析する。従来、外からは判断できなかったこれらの要素が数値化・可視化されれば、顧客のニーズを明確化する手立てとなりうるだろう。例えば、飲食店でコース料理を注文した際の表情を解析して最も満足度が高かった場面を判別し、メニューの策定やサービスの向上に活用する方法も考えられる。

「おいしい」「しあわせ」を可視化、その先にあるもの

「おいしさAI解析CM」に使用された技術には、大きな可能性がある。しかし現時点での事例はあまりなく、導入に関しても開発作業が必要となる。初期費用などのハードルをどう下げていくのか、今後の展開に注目したい。

また、AIが算出した感情数値を元にする施策は、小売事業者からすれば効果的な提案ができるメリットがある一方で、顧客からすると人間味を欠くと受取られる可能性もある。よりよい購買体験のためには、引き続き双方のコミュニケーションが重要となるだろう。AIにすべての判断を委ねるのではなく、分析結果を元に顧客満足度の向上にどう繋げるかを考える必要がある。

日本初の「おいしさAI解析CM」は、「AI」というワードだけでも視聴者の関心を引く上に、「ピザ」との異色のコラボレーションを実現したとあって話題性がある。クリスマスシーズンや年末年始でパーティーや会食の機会も多いだろうが、今年AIが「おいしさ」や「しあわせ」を保証したピザを、顧客はどう評価するのだろうか?