“完全キャッシュレス、レジレス、ウォークスルー”。新体験の「Developers.IO CAFE」が秋葉原にオープン

column

“完全キャッシュレス、レジレス、ウォークスルー”。新体験の「Developers.IO CAFE」が秋葉原にオープン

Text : なまっちゃ / Editor : 佐々木将史

飲食店で混雑時に着席できなかったり、長蛇の列に並ばないといけないため注文を諦めてしまったり、という経験は誰にでもあるのではないだろうか。そんな店舗体験でストレスの溜まる部分の一つに「決済」がある。

店舗の運営側としては、開店前の金種の用意や閉店後のレジ締め、売上の銀行入金など、接客以外の作業負担として重くのしかかっている。

そんな問題を解決するべく、2019年2月12日に完全キャッシュレス、レジレス、ウォークスルーの3つの決済システムを導入した新型カフェ「Developers.IO CAFE」が、秋葉原に実験店としてオープンした。

待ち時間ゼロ「Developer.IO CAFE」の仕組み

Developer.IO CAFEを運営するクラスメソッド株式会社は、同店での注文と支払いをスマートフォンアプリに限定している。

公式アプリ(「App Store」より)

アプリによる注文は店内のみからでなく、店舗外からの来店前オーダーも受付可能になっている。GPSやビーコンを組み合わせて来店時刻を予測し、タイムリーな商品受け渡しができるという。

商品の持ち帰りを希望する顧客は、従来の飲食店では来店してから注文する。だが、Developers.IO CAFEでは、事前に好きなタイミングを指定しておけばよい。店内で飲食する場合も、デジタルサイネージで自分の注文状況の確認が可能で、出来次第すぐに商品が受け取れる。これにより待ち時間の短縮に繋がるという。

さらに、決済は注文と同時にスマホアプリ内で行われる仕組みとなっているため、現金は取り扱っていない。レジで支払いに手間取り、後ろの方を待たせるといったこともなくなり、ストレスなくスムーズに商品の購入が可能となるだろう。

“ウォークスルー”で決済可能な物販エリア

Developer.IO CAFEでは、物販エリアも併設されている。

このエリアでは、スマホアプリをかざしてチェックインしたのち、欲しい商品を持ってエリア外に出るだけで決済が完了するというウォークスルーの店舗体験ができる。

ウォークスルー決済を実現するために店内に設置されたのが、追跡カメラや商品棚の重量センサーだ。各センサーの情報は店舗の小型サーバーが取得、管理する。そこからクラウド側で総合的な推定を行い、顧客ごとの動線の確認、カゴ入れ、カゴ落ち、購入の動作判定をしている。

また、顧客が手に取ったものの、結果的に購入しなかった商品についても記録できるという。退店後に、クーポンや詳細情報をアプリ通知することで、引き続き自宅で再検討してもらうといったことも可能だ。

今回、同社が制作したハードウェアは、既存の店舗什器を活用できる。今後の量産にも意欲を見せている。

新しい店舗体験で、買い物をもっと滑らかに

今まで、店舗が取得できる顧客の購買行動のデータは、オンラインでの買い物に限られていた。

しかし、最近は「クリスプ・サラダワークス」のように、スマホアプリなどを用いたキャッシュレス決済を導入した店舗が、続々とオープンしている。このような店舗では、店内で起こる現象の多くをデータとして蓄積することができるため、オフラインでの購買行動データをもとに、スマホアプリを経由して顧客向けの新しいサービスを展開することも可能になるだろう。

キャッシュレス化は、ただ顧客の買い物や店舗の運営が楽になるだけではなく、今後の店舗体験を拡張していく第一歩となるのではないだろうか。

クラスメソッドは今後の取り組みとして、Developer.IO CAFEをはじめとした店内の体験だけではなく、オフィスや宅配、ECとの連携や、サブスクリプションによる飲み放題への対応も進めていくという。システムによって集約したデータを分析することで、現場とITをつないだ一気通貫のノウハウが蓄積されれば、付加価値の高いサービスへと進化していくかもしれない。

『Developer.IO CAFE』実験店舗情報

店舗名:Developer.IO CAFE

営業開始:2019年2月12日(火)~

所在地:東京都千代田区神田須田町2−25 Gyb秋葉原 1F